太平観光株式会社

03-3924-1911

営業時間平日 8:30~19:30/土曜 8:30~17:30

定休日日曜・祝日・年末年始

  1. TOP
  2. メディア
  3. ノウハウ
  4. 費用の中で、見落としがちな「乗務員費用」とは・・?

メディア

費用の中で、見落としがちな「乗務員費用」とは・・?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
費用の中で、見落としがちな「乗務員費用」とは・・?

貸切観光バス代・消費税・有料道路代・駐車料金などの交通費(バスの運行に直接関係する費用)の他に、「乗務員費用」(バス運行に直接関係しない費用)がかかる場合があります。具体的にはどんな費用があるの・・? それってどれぐらいの費用がかかるの・・?そんな疑問にお答えいたします。

1.乗務員費用にはこんな項目があります

乗務員費用とは「乗務員食事代」「乗務員宿泊代」「寸志(心付)」が、おもな項目です。
バスの運行には直接関係のない費用ですが、場合によっては必要な費用です。行先・条件によっては、かかったり、かからなかったり。金額もマチマチだったりするので、あまり見積書には出てこない費用でもあります。そのためか、特に旅行の幹事さんから、必要なの・・? いくら用意すれば良いの・・?などの、打合せの時によく聞かれます。そんな時に、お答えする内容をご案内いします。

 

2.乗務員食事代って必要ですか・・?

旅行の幹事さんから、お客様が昼食などの食事をするとき、乗務員さんの食事を用意
しますか? 乗務員さんの食事代はかかりますか・・?と、良く聞かれます。

「ご用意ください」と、答えています。旅行の成功には、乗務員さんとのコミュニケーションが大事なポイントになります。そのためのツール(道具)と、お考えいただければ良いかと思います。みなさんと同じ食内容にする必要はありません。目安として1食¥1,000~¥1,500-見ていただければ充分です。渡すタイミングとしては、出発前の幹事さんと乗務員の打合せ・確認の時が良いと思います。
食事代の袋は、一般的な封筒・ポチ袋が使われています。表に「昼食代」「食事代」と書いて乗務員にお渡しすることがよいと思います。乗務員が2名(ドライバー・バスガイド)いる場合でも、1つの袋に用意して渡すことが良いと思います。渡した後、幹事さんは参加者みなさんの食事のことを主に考えてください。昼食の時、席割りは・・? ごはんのお替りできる・・? 飲み物はどうする・・?参加者の好みの飲み物は・・? 食事の好き嫌い・アレルギーを持ってる人は・・?幹事さんが考えることってたくさんありますね。

※注意:「昼食代」「食事代」の領収書(バス会社名の書いてある正式なもの)はありません。金額などを記入した、私製の領収書などをご用意いただければ、乗務員が受取のサインをすることは可能です。

※注意:運行中のバスの中で、参加者が昼食弁当を食べることがあります。そんな行程の場合、乗務員はお客様が見学などをしているタイミングで食事をしています。時間配分のご協力をお願いします。

※注意:バス内で食べたお弁当のゴミ処理を、バス会社にお願いする場合、有料になります。バス1台¥2,000-かかります。(目安です)バス会社によっては、できない場合もありますので、事前にご確認ください。

 

3.乗務員宿泊代って必要ですか・・?

お客様がホテル・旅館などの「宿泊施設」に宿泊する場合、乗務員も宿泊します。
その費用は「お客様負担」になります。

費用(宿泊代)は、お客様が宿泊する施設によって大きく変わります。目安として、旅館の場合は乗務員1名につき、お客様の宿泊代の80%ぐらいとお考えください。ビジネスホテル・シティーホテルの場合は、お客様の宿泊代と同額とお考えください。あくまで「目安」です。乗務員の宿泊先は、お客様と同じ宿泊施設に泊まりますが、混雑している時、お客様が高級旅館に宿泊する場合は、別の宿泊施設に泊まることもよくあります。お客様が宿泊施設を手配する場合は、乗務員の宿泊先(ホテル名・連絡先)の事前連絡を、お願いしております。

※注意:ビジネスホテル・シティーホテルなど、宿泊に食事(夕食・朝食)が付いてない場合があります。その時の乗務員食事代は、「お客様負担」になります。乗務員1名¥3,000(夕食¥2,000-朝食¥1,000-)ぐらいが、目安の金額です。

※注意:宿泊場所(特に都市部)によっては、バス駐車料金がかかる場合があります。お客様で宿泊先を手配する場合は、バスの駐車ができるか? 駐車料金は有料無料・・?の事前確認をお願いいたします。



4.バスの乗務員に寸志・心付って必要ですか・・?

バス旅行の幹事さんから一番聞かれる質問に、乗務員さんに「お礼」「寸志」を用意したほうが良いのですか・・?が、あります。

「ご用意ください」と、答えています。昼食代のところでも触れましたが、旅行の成功には乗務員さんとのコミュニケーションがポイントになります。乗務員さんとは長い時間、接することで親しくなったり、特別な配慮・丁寧な対応をしてもらったりすることもあります。そんな時の、お礼の気持ちということで用意していただくようにお願いしています。相場として金額は、乗務員1名に1日¥2,000~¥3,000-ぐらいです。バスガイドがいたら、ドライバーと同額を渡すのが慣例になっています。当日の、参加者に用意した「お菓子」「飲み物」を渡すのも、感謝の気持ちを伝える手段の1つとしてお勧めしています。渡すタイミングとしては、出発前の幹事さんと乗務員の打合せ・確認の時が良いと思います。お礼の袋は、一般的な封筒・ポチ袋が使われています。表に「お礼」「寸志」と書いて乗務員にお渡しすることがよいと思います。乗務員が2名(ドライバー・バスガイド)いる場合は、袋を別々に用意して渡すことがよいと思います。

※注意:「お礼」「寸志」の領収書(バス会社名の書いてある正式なもの)はありません。金額などを記入した、私製の領収書などをご用意いただければ、乗務員が受取のサインをすることは可能です。


 

5・旅館に寸志・心付って必要ですか・・?

旅行に関わる「寸志」と言えば、旅館の「各部屋の仲居さん」「宴会場の仲居さん」が思い浮かびませんか・・?幹事さんの悩みが増えてしまった・・。ご安心ください。バス乗務員と同じ考え方で良いようです。旅館によって、明確に「お断り」している所もありますが、「感謝の気持ち」の表し方の一つです。金額の相場は¥3,000~¥5,000です。お礼の袋は、一般的な封筒・ポチ袋が使われています。表に「お礼」「寸志」と書いて仲居さんにお渡しすることがよいと思います。渡すタイミングは、仲居さんには部屋にあいさつに来た時。宴会場の仲居さんには、参加者より先に、幹事さんが宴席の確認に行ったとき、仲居の責任者に渡すのが良いタイミングだと思います。寸志には領収書問題が付いてきますが、旅館によっては、翌日の精算(支払い)の時にフロントで用意してくれていることもあります。

6・まとめ

旅行の幹事さんにとって、「予算内に納める」ことは、とても悩ましく難しいことですね。あまり予算がない。でも参加者には喜んでもらいたい。飲み物も出してあげたい・・。そんなことばかり考えているそんな時、バス旅行に必要なドライバーさん・バスガイドさんにかかる費用を計算にいれてなかった・・。となったら大変です。そんなことにならないように、事前にかかる費用を確認しておくことも大切です。乗務員の宿泊代は、確認すれば金額は分かります。しかし、「心付」は、用意する・用意しない。金額はいくら? など、決まりがないので、幹事さんの悩みどころの一つのようです。今までの経験があれば参考になりますが、初めての時はこのページを参考にしてみてください。旅行前・旅行中・旅行後には、普段の生活では考えないようなことが数多く起こります。悩むまえに、旅行のプロにご相談ください。

 

→ 無料お見積もりはこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貸切バスお見積もりご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

03-3924-1911

平日 8:30~19:30/土曜 8:30~17:30

WEBからのお見積りは24時間受付中です!
ご不明な点はお気軽にお問合せください!

貸切バスなら太平観光の
旅バス.ドットコムにお任せください