太平観光株式会社

03-3924-1911

営業時間平日 8:30~19:30/土曜 8:30~17:30

定休日日曜・祝日・年末年始

  1. TOP
  2. メディア
  3. 豆知識
  4. セーフティバス(貸切バス事業者安全性評価認定)ってなに?

メディア

セーフティバス(貸切バス事業者安全性評価認定)ってなに?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セーフティバス(貸切バス事業者安全性評価認定)ってなに?

セーフティバス(貸切バス事業者安全性評価認定)とは、わかりやすくいうと「安全に対する取り組みを、公益財団法人日本バス協会が厳しい審査で評価し、認定されたバス会社だけが与えられる証」です。(画像出典:日本バス協会)

1.セーフティバスの詳細

①セーフティバスとは

先ほど簡単にご紹介しましたが、セーフティバスとは、日本バス協会において貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価を行い、これを認定・公表するものです。平成23年度(2011年)から運用は開始されました。これにより、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を見つけやすくなりました!

②セーフティーバス認定が出来たきっかけ

先運用が開始されたきっかけは、2007年に発生した、吹田スキーバス事故です。運転手の居眠り運転が原因でしたが、その後の調査で、法律で定められた労働時間を上回る過労状態であったことがわかりました。その後、「貸切バスに関数する安全等対策検討会」が行われ、2008年に国土交通省や有識者による「貸切バス事業者の安全性等評価・認定制度検討委員会」が設置されました。
バス会社の「安全」(安全装置の付いたバス、運転手の健康管理、運行バス会社の安全管理体制)を客観的に見ることが出来る仕組みとして生まれたのが、【セーフティバス認定事業】です。

※2020年4月30日現在では、全国で1,803の事業者が認定を受けており、認定事業者(バス会社)は、日本バス協会や国土交通省ホームページにより公表されていますので、誰でも見ることが出来ます。

【Q】では認定を希望するバス会社は、どのバス会社も申請出来るのか? 
【A】いいえ、そうではありません。

2.すべての会社が申請できるわけでは無い!申請条件について

認定のための申請条件は8つの項目における条件を全て満たしていなければなりません。(画像出典:日本バス協会)

 以上が、申請条件となります。
では、その後の認定方法とは…?

 

3.その認定方法とは?

【1】安全性に対する取り組み状況
【2】事故及び行政性分の状況
【3】運輸安全マネジメントの取り組み状況について、書面審査と訪問審査を行います。

■チェック項目

・車庫として整備されているか
・乗務員の休憩仮眠施設の収容能力
・乗務員台帳の記録内容
・点呼の実施およびその記録
・常務記録(日報) の確認
・運行記録の確認
・日常点検記録の確認
・運輸安全マネジメントの社内周知 等々

合計60点以上で、かつ各項目が基準点以上であることという厳しい認定基準があります。初回の申請は点数に関わらず、一ツ星☆認定からスタートします

ただし!1度認定されれば、ずっと有効なわけではありません。認定後に違反や事故を起こせば取り消され、(2年ごとに)更新時にも審査を行い、基準を満たさなかった場合は、認定が取り消されます。取り消し条件ごとに、一定期間は申請が出来なくなります。
三ツ星認定までは最低でも、4年かかります。なので、三ツ星認定されているバス会社は、高いレベルで安全への取り組みを継続的に行っているということなります。三ツ星を取得している場合でも、更新時に80点以上を取れないと「一ツ星」からやり直しということもあります。
このように、厳しくすることによって、事業者が安心安全なバス運行、安全意識を高めることに繋がってくるのではないでしょうか。


4.どのバスがセーフティバス?

皆さん、貸切バスに乗るとき下の画像のようなステッカーを見かけたことはありませんか?
そう!これがセーフティバス認定を受けた事業者の証!下記画像のセーフティバスマークを貼付することができるのです。
これが貼っているだけで、安全なバス会社!だということがわかり安心ですね(^▽^)/。修学旅行や、社員旅行などで貸切バスをご利用する方は、一度乗り口付近を確認してはいかがでしょうか!(o^―^o)(画像出典:日本バス協会)


 

5・認定されていないバス会社は安全じゃないの?

セーフティバス認定を受けていない会社は安全ではないのか?そう疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
結論から言うと、認定を受けていない会社でも安全な会社がほとんどです。適正な、労働時間や走行距離の管理、車両のチェックなど法令で決まっています。

認定がない会社でも、ほとんどは会社の法令に従って守っています。また、2016年の軽井沢スキーバス事故より、バスでの事故が社会的に問題となり、バス全体の安全管理への意識が、高まっています。
しかし、無理な走行や格安な料金設定などをしているバス会社がないとはいいきれません。

事故が起こってからでは遅いのです。
だからこそ、私たち「旅バス.COM」では厳選した安心安全なバス会社のバスを手配しております。お客様からの評価の高いバス会社を中心に、日本バス協会への加盟やセーフティバス認定(貸切バス事業者安全性評価認定)事業者かどうかも参考に、お客様には安心安全なバスを提供いたします!

 

→ 無料お見積もりはこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貸切バスお見積もりご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのご依頼・お問い合わせは

03-3924-1911

平日 8:30~19:30/土曜 8:30~17:30

WEBからのお見積りは24時間受付中です!
ご不明な点はお気軽にお問合せください!

貸切バスなら太平観光の
旅バス.ドットコムにお任せください